027-324-7788 群馬県高崎市寺尾町2659-1
受付時間 8:30~12:00/15:30~18:00

すくすく通信

  • 初診の方(TEL予約)
  • 再診の方(ネット予約)
  • 診療案内
  • 一般外来(小児科)
  • 赤ちゃん外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診

親育ち講座

すくすく通信

QRコード

※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯からも閲覧可能です。

HOME»  すくすく通信»  すくすく通信 第2号

すくすく通信 第2号

すくすく通信 第2号

すくすく通信 第2号                平成30年1月5日(金)

弱視のスクリーニング検査のため スポット ビジョンスクリーナー を導入
しました。

これにより、生後6ヶ月から近視、遠視、乱視、不同視、斜視、瞳孔不同などが
カメラの光をみているだけで診断出来るようになりました。ぜひ、ご相談ください。

【 弱視について 】


視力の発達は3ヶ月で0.02、1歳で0.2、5歳で1.0以上になります。

物が見えるということは、目から光が入ってきて脳の視覚領域にまで届き、

脳がその物を認識してはじめてその物が見えるということになります。

そのため脳の視覚領域にしっかりとした刺激がいかず、

脳が認識するという訓練が出来ないと視力は出てきません。

脳の視覚発達の感受性期は8歳頃までなのでこの時期を過ぎると

メガネやコンタクトレンズをしても視力は回復しません。

これを弱視といいます。

原因としては、先天性白内障や屈折異常(近視、遠視、乱視、不同視など)

などのためにしっかりとした刺激が脳の視覚領域に伝わらないためにおこります。

弱視の治療は、早く対応する必要があります。

3歳くらいまでに弱視が発見され、治療されれば視力は回復されると言われております。

2018-01-05 18:48:11

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
ページトップへ戻る