027-324-7788 群馬県高崎市寺尾町2659-1
受付時間 8:30~12:00/15:30~18:00

プール熱(咽頭結膜熱)

  • 初診の方(TEL予約)
  • 再診の方(ネット予約)
  • 診療案内
  • 一般外来(小児科)
  • 赤ちゃん外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診

親育ち講座

すくすく通信

QRコード

※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯からも閲覧可能です。

HOME»  プール熱(咽頭結膜熱)

プール熱とは・・・

夏にプールを介して学童のあいだに流行するので「プール熱」といわれています。プールに入らなくてもうつります。39度~40度の高熱が4~5日続き、のどの痛みが強く、眼も赤くなります。さらに頭痛・はき気・腹痛・下痢を伴うこともあります。

家庭で気をつけること

高い熱・・・ 何日も高熱がつづくので不安になるでしょうが、熱さましを使いすぎないように気をつけて、涼しい部屋で寝かせておきましょう。
食べ物・・・ のどは痛いし熱も高いので、食欲がないのはしかたありませんね。プリンやゼリー・アイスクリームさましたおじや・とうふ・グラタンなどはいかが?
水分・・・ 水分は十分に飲ませてください。麦茶やイオン飲料・牛乳・みそ汁・ポタージュスープなどがよいでしょう。
入浴・・・ 医師の指示に従ってください。

こんなときはもう一度診察を

  1. のどの痛みが強くて水分をあまり飲まないとき。
  2. 高い熱が3日以上続くとき。
  3. 元気がなくてぐったりしているとき。

保育所・学校

熱が下がってのどの痛みがなくなった後に、さらに2日を経過したならば、登園・登校してもかまいません。なお、その際には登園・登校許可書が必要になりますので、園や学校からもらってきてください。

ページトップへ戻る