027-324-7788 群馬県高崎市寺尾町2659-1
受付時間 8:30~12:00/15:30~18:00

突発性発疹症

  • 初診の方(TEL予約)
  • 再診の方(ネット予約)
  • 診療案内
  • 一般外来(小児科)
  • 赤ちゃん外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診

親育ち講座

すくすく通信

QRコード

※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯からも閲覧可能です。

HOME»  突発性発疹症

突発性発疹症とは・・・

生後4ヶ月頃から2歳までにかかります。
突然に高い熱を出して、3~4日続きます。生まれて初めての熱であることが多く、咳や鼻水は出ません。急に熱が下がって、その後で身体に発疹がでます。便もゆるくなります。はしかや3日ばしかとは全然別の病気です。

※発疹が出たならば、必ず受診してください。

家庭で気をつけること

1. 高い熱とても高い熱が続きますが、熱で頭がおかしくなることはありませんから、あわてないように。熱が続くあいだは赤ちゃんがすごしやすいようにしてください。着せすぎ、掛けすぎに注意し、わきや股の間を冷やしてください。※熱が高く、不機嫌で眠れなかったり、辛そうならば、解熱剤を使用しても良いでしょう。(解熱剤は必ず医師と相談の上で使用してください。)

2. 水分を十分に与えてください。ミルクなどは熱のため、いっぺんには飲めなくなりますので、少しずつ回数を多く与えてください。イオン飲料やりんごの果汁の方を好むならそれでもいいですね。

3. 離乳食…食べるのならいつもの通りに

4. 入浴…高い熱のあるとき、げんきのないとき、発疹がでているときはやめましょう。

ページトップへ戻る