027-324-7788 群馬県高崎市寺尾町2659-1
受付時間 8:30~12:00/15:30~18:00

クループ(喉頭炎)

  • 初診の方(TEL予約)
  • 再診の方(ネット予約)
  • 診療案内
  • 一般外来(小児科)
  • 赤ちゃん外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診

親育ち講座

すくすく通信

QRコード

※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯からも閲覧可能です。

HOME»  クループ(喉頭炎)

クループとは?

喉頭の炎症により呼吸がくるしくなった状態をいいます。生後3ヶ月から6~7歳の子どもにみられ、寒い乾燥した季節に多く発病します。かぜをひいたときにのどの奥(声をだすところ)あたりが腫れて、犬がほえるような咳がでます。声がかすれたり、出なくなったりします。息を吸うときに、ゼーゼー、ヒューヒューします。呼吸が早くなります。

治療の基本!

薬を蒸気にして吸入させ、のどの腫れをひかせます。飲み薬も処方します。息苦しいときには、入院する必要があります。

家庭で気をつけること

1.室内の加湿・・・湯気をたてる、加湿器を使う、洗濯物を干すなど、いろんな手を使って空気を湿らせておくことが一番大切です。
2.水分の補給・・・咳き込むときは温かい飲み物を少しずつ何度も飲ませましょう。
3.食べ物・・・息苦しさがなくなったら、本人の好きなものを与えましょう。
4.入浴・・・高い熱のときや声がかれていたり、咳がひどい時は、入浴をひかえてください。

こんな時は早めに診察を!

1.息ぐるしそうになったとき。
2.強い咳で眠れないとき。
3.水分をあまりのまなくなり、よだれがたくさんでるとき。
4.熱が40度近くになったとき。

ページトップへ戻る